NEWS

2017年05月11日
『カノジョは嘘を愛しすぎてる(仮題)』イ・ヒョヌ、惜しみなく見せてくれた次世代ロマンス演技!

※ドラマの内容に関する記載がありますのでご注意ください。
****




5月9日に終映した『カノジョは嘘を愛しすぎてる(仮題)』で天才作曲家カン・ハンギョルを演じたイ・ヒョヌが深いまなざしと感情演技で作品を導き、より一層成熟した演技力を披露しました。

イ・ヒョヌは本作でユン・ソリム(ジョイさん(Red Velvet))へのストレートな感情表現で魅力を発揮する一方、ひたすらソリムだけを見つめる純粋男な姿で女心をときめかせ、純情ロマンスの爽やかさを倍加させました。

また、回を重ねるたびに成長していくキャラクターの感情を巧みに描き出し、好評を得ました。イ・ヒョヌは、父親の過去にまつわる精神的なトラウマを持ったハンギョルの内面的な変化を、繊細なまなざしと表情で巧みに描き出し、視聴者たちを魅了しました。特に感情が溢れだし嗚咽する演技は強烈なインパクトを残し、キャラクターと一体のイ・ヒョヌの演技力を見せてくれました。

また、イ・ヒョヌは様々な人物との多彩なケミストリーを披露し、本作を盛り上げました。劇中のジョイとの関係が深まるにつれ抜群の相性を誇り、初恋の愛らしいスキンシップ演技で恋愛の感性をしっかりと刺激しました。

このように、イ・ヒョヌは説得力のある感情演技と共演者たちとの深い呼吸で純情ロマンスと青春成長ドラマを同時に導き、主演俳優としての存在感を立証しました。地道な作品活動を通して子役俳優から成人俳優へと成長し、最も旬な俳優としての立場を強く固めたイ・ヒョヌの次回作に期待が集まっています。


引き続き、イ・ヒョヌへのあたたかいご声援をよろしくお願いいたします。

News一覧へ