NEWS

2017年05月08日
『カノジョは嘘を愛しすぎてる(仮題)』イ・ヒョヌ、心に響く涙のエンディング!

※ドラマの内容に関する記載がありますのでご注意ください。
****





5月2日に放送された第14話では、カン・ハンギョルがジ・インホ(チャン・ギヨンさん)の真実を知り、涙を流すシーンが描かれました。

『CRUDE PLAY(クルードプレイ)』のメンバー達は代理演奏の疑惑をかけられ記者会見を開く事になっていましたが、ジ・インホの交通事故により白紙となり、ハンギョルは、ジ・インホの事故が睡眠導入剤を飲み故意に起きた事故だと考え彼を追求しました。
ジ・インホはこの事を釈明しながらも自身の演奏のせいでみんなをダメにする事は出来ないと涙を流し、もどかしさを感じさせました。

その後ハンギョルは、心配してやって来たユン・ソリム(ジョイさん(Red Velvet))に全て自分のせいだと涙を流しながら話し、自分さえいなければこんな事は起こらなかった、友人達が代理演奏をしデビューするのが一緒に夢を叶えることだと考えた過去の自分を責め、号泣する姿で視聴者の心を痛くさせました。

特にイ・ヒョヌのやるせないまなざしや表情、涙はまるで雨に濡れた子犬のように守ってあげたくなる保護本能を呼び起こし、注目を集めました。
このようにイ・ヒョヌは繊細な演技でキャラクターの魅力を倍増させ、ジョイさん(Red Velvet)に向けた優しく温かいまなざしで甘いロマンスのときめきを刺激し、『CRUDE PLAY(クルードプレイ)』のメンバーとの固い友情も描き共感を呼んでいます。

最終話まで残すところあと2話となり、どんな展開になるのか今後も更なるイ・ヒョヌの活躍が注目されています!

引き続き、イ・ヒョヌへのあたたかいご声援をよろしくお願いいたします。

News一覧へ