NEWS

2017年04月11日
『カノジョは嘘を愛しすぎてる(仮題)』イ・ヒョヌ、ツンデレの魅力で女心を鷲掴み!

※ドラマの内容に関する記載がありますのでご注意ください。
****




イ・ヒョヌはtvN月火ドラマ『カノジョは嘘を愛しすぎてる(仮題)』で天才作曲家カン・ハンギョル役を演じ、初恋のときめきを誘発しています。
また、ユン・ソリム(ジョイさん(Red Velvet))に向けた不慣れだけれどまっすぐなロマンスから『CRUDE PLAY(クルードプレイ)』とのブロマンスまで、ツンデレの魅力で女心を掴んでいます。

4月10日に放送された第7話では、ハンギョルと『CRUDE PLAY(クルードプレイ)』がお酒を飲むシーンが描かれました。
ハンギョルは『CRUDE PLAY(クルードプレイ)』のメンバー達に、「何で毎回俺がわかめスープを作らなきゃいけないんだ」と文句を言いながらも、心を込めてわかめスープを作るツンデレの魅力を発揮しました。
また、トップスターとは思えない普通の20代の青春の姿でメンバーとふざけ合い、その反面母のようにメンバーの面倒を見る姿に温かさを感じます。

この日の放送でイ・ヒョヌは、誰よりもメンバーを暖かく面倒見る姿と明るい笑顔で、ハンギョルを愛らしい青年として描きました。
ハンギョルは、音楽作業をする時はプロとしての冷静さでメンバー達に檄を飛ばし傷つけることもありますが、温かく面倒を見る姿でメンバー達の信頼を得る理由を見せました。

このようにイ・ヒョヌは、人物によって徹底したトーンと距離感を置く冷静な姿の反面、柔らかい笑顔と真心を込めた気持ちなど、対比する姿でハンギョルのキャラクターを見事に演じています。
幼い頃から一緒に育ってきたメンバーな分葛藤も色々ありますが、愛情のこもったブロマンスを繰り広げ視聴者の関心を引いています!


引き続き、イ・ヒョヌへのあたたかいご声援をよろしくお願いいたします。

News一覧へ